身が学生時代に夢中になったことはバドミントンです。

ぼくが学生時代に釘付けになったことはバドミントンです。ぼくは高校生時代にバドミントン部に所属していた。中学生世の中は野球を通していたが、とうに飽き飽きして他の部活を探していた。元々バドミントンに期待があったわけではないが、バドミントン部に視聴に行ったときに、すばやいラリーに魅了されて入部を決めた。ぼくは高校生から始めた一般人だったので、周りに近づくためにも精一杯練習した。ジョギング、大急ぎ、筋トレ、フットワーク・・・どれもこれも思っていたよりもさらに大変だった。ただしとっても充実していた。結果、最後のビッグイベントも満足のいく結果は残せなかったが、バドミントンが実に楽しくなっていた。視聴の時に魅了されたラリーが私たちもできるようになっていた。自分の高校生が男子校だったから、それに甘んじていたぼくは結果恋というものをすることを無く高校生世の中を終えてしまったが、バドミントンのおかげで恋がなくとも充実した高校生世の中だったと胸を張って呼べる。ミスパリってホントに効果あるのかな

身が学生時代に夢中になったことはバドミントンです。

私のタフ法は「心構えをコントロールしない」事です。

私のヘルシー法は「情緒をコントロールしない」事です。微笑みたいまま笑う、涙したいまま泣くなど抱いた情緒を封印することなく開放します。取り敢えずストレスを溜めないことです。お仕事をしていると色々なフラストレーションを有します。商売は多彩も多かれ少なかれフラストレーションを感じます。業種で情緒を沸騰させることは、業種に支障が出るケーので、自重始めるとして、大事なことはそのフラストレーションをできるだけあしたに持ち越さない事が大事だと思います。色々なリラックスほうがあると思いますが、「笑う」「泣く」などはずいぶん簡単です。TVを見たり、読み物を読んだり、ムービーを見たり、家庭におけるだけで情緒を発散する品物はたくさんあると思います。また最近では、映像なども手軽に眺めることができるので、あえてレンタル業者などに行かなくても、安泰。再び言うと、お子さんや嫁さん、所帯とのコミュニケーションの中にも楽しいこと、感動することなどがたくさんあると思います。情緒を多彩に暮らしを面白く過ごしましょう!http://minnesotariverblueway.com/

私のタフ法は「心構えをコントロールしない」事です。